食と酒に溺れる。

グルメの穴場/北海道/札幌市/すすきの/狸小路/日本酒/地酒

a81b1d2f


北しずくの純米大吟醸はうまいうまい。

そして彗星特別純米。

個人的に彗星は好感度高し。

日本酒のクラスとしては特別純米が一番好き。

ということで期待度大。

これから試飲であります。
 

83ee6fa9


世界一まずい、と脅し文句とともにいただきました(笑)

話のタネにどうぞ、と。

さっそくひとつ食べてみた。


・・・・・

なんと言えばいいんだろう。

生まれて初めて味わう食感と味。

サルミアッキフィンランド語: salmiakki)は、塩化アンモニウムリコリス甘草の一種)による菓子である。その他の食品飲料の味付けとしても使用される。

北欧語などではサルミアックサルミアクスウェーデン語デンマーク語オランダ語: salmiak、ノルウェー語: salmiakk)であり、これらは化学物質としての塩化アンモニウム自体も意味し、ラテン語で塩化アンモニウムのことである sal ammoniac に由来する。

塩化アンモニウムによる強い塩味[1]アンモニア臭があるのが、通常のリコリス菓子と違う特徴である。色は通常のリコリス同様、黒に近い暗褐色である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/サルミアッキ

いや、説明がとても食い物とは思えない(笑)


実際なんとも・・・・・

グミ・・・・ではなくキャラメルでもなく。


古い旅館・・・・・

甘いんだかしょっぱいんだか。

お寺の線香・・・・

古いタイヤ・・・・

なんかの草・・・・



なんとも形容しがたいというか、この味を表す日本語は存在しないのではないかと。

とはいえ食べられました。

今日もひとつふたつつまんで食べてます。


ダメな人はまったくダメらしい。

友達に食べさせたら一口でギブアップしてたし。


フィンランドでは愛されてるお菓子らしいです。

フィンランド人、ある意味すごい。

納豆を食べる日本人もすごいんだろうけど。 


追記 --------------------


その後もちょくちょくいただいてたサルミアッキ。

きつい酒を飲みながらつまむのが好きになてしまった。

人間は順応するものである(笑)




いろは会





第12会いろは会

2017年2月19日(日) 18:30より
札幌プリンスホテルにて

全国の蔵元が最高の技術をもって醸す日本酒と香り高いビール、そして世界のワイン達。どのお酒達もお料理に合う「醸造酒」です。
いろは会は、色々な醸造酒をお料理に合わせて色々な愉しみ方を見つけてもらい、ハッピーに愉しんで貰う会です。
そして、牛乳を醸して作られるチーズが愉しめるのも、いろは会のお楽しみの一つ。 新得町の共働学舎「ラクレット」をその場でとろーぉ〜り溶かして熱々をどうぞ。
飲み放題・食べ放題ではありませんが、胃袋もココロも満たされますよ。
ぜひご参加下さい。


https://www.facebook.com/events/402224853451512/
 


うわ。

これはおいしく飲めそうである。
 

デュワーズ獺祭

元旦の休みで飲んでた酒。

デュワーズは12年よりホワイトラベルが好きだ。

軽く水で割ってちびちびが好きだ。


獺祭は磨き50が一番好きだ。

獺祭では一番酒らしくて好きだ。


天邪鬼だ(笑)



 


昨年もいろんな日本酒に出会いました。

一番お世話になったのが青柳酒店。

こじんまりとして酒店ですが、いいものがいろいろあって。

若大将もいいキャラだし(笑)

最近は日本酒を買うのはすっかりここ。


うまからまんさく、雨後の月、山香、羽根屋etc



ああ、久保田の碧寿もそうだ。

なんといっても久保田の正規特約店。

ネットや他のスーパー、デパートだとプレミアついちゃって・・・・の久保田だけど定価できっちりと買えます。


日本酒ではないけど八海山の泉ビールもここで出会ったやつ。

うまいんだよね、これ。


今年も旨いやつをよろしくお願いします。


銘酒の青柳酒店|久保田正規特約店
札幌市中央区南3条西8丁目6-8

 


山法師


 六歌仙の山法師。

おいしいおいしい。

無ろ過で生だけあってフレッシュ。


山法師初の遠心分離機を導入とのこと。

獺祭もそうだよね。


 吟醸もろみ上槽システム H-132G1H(S)~I1H(S)

特徴・用途
吟醸もろみ上槽システムは吟醸酒の上槽工程に遠心分離機方式を採用しました。本システムは圧搾法によらない上槽法として遠心分離方式を採用した画期的な吟醸酒の上槽法です。
遠心分離方式を採用したことにより、工程の省略化・全自動化を実現しました。



遠心分離で搾るメリット

・圧力ではなく遠心力で搾るため酒への過度な負担が少なく雫酒のようなきれいなお酒になる。
・すべてステンレス製なので酒袋独特のにおいが付かない。
・密閉空間で搾るため吟醸香が飛ぶことなく酒の中によく残る。
・同じ条件下で搾るので酒が一定で品質のばらつきが少ない。

 
 

ミュージックバー・ナイトノイズ
http://bar-nightnoise.heavy.jp/