十四代はなかなか手に入らないわ、高いわ。

正直なところあんまり飲んだことはありません。


どこかのオークションではこの十四代特吟純米吟醸生貯蔵酒は倍ぐらいの値段になってます。

楽天だと軒並み売り切れ。

他との組み合わせであるのみ。

しかも価格が・・・・・

ちょっと高すぎないかい。



「十四代」思わぬ高値、蔵元も困惑 地元向け小瓶を開発、販売
2010年09月03日 09:06
地元でもなかなか入手できないプレミアム日本酒「十四代」の醸造元・高木酒造(村山市、高木辰五郎社長)は、1人でも多くの地元消費者に「十四代」を味わってもらおうと、300ミリリットル詰めの小瓶を新たに開発、村山地方向けに販売している。ただ全国的な超人気銘柄とあって、一部では出荷直後からインターネットオークションに流れたり、出荷先以外の酒店で5倍近い価格で売られるなどしており、蔵元も困惑している。

今や、全国の日本酒ファンに広く知れ渡った人気ブランドの「十四代」。国内はもちろん、海外からの引き合いも多く、なかなか手に入らないことから“幻の銘酒”とも呼ばれている。ネットなどで驚くような高値で取引される一方、まとめて買い占めていくブローカーもいるとされ、地元でも入手が困難だ。

需給バランスを少しでも改善し、地元の人にもっと楽しんでもらいたい-と開発されたのが小瓶「十四代 特吟」。「日本酒は造られた土地で飲むのが一番おいしい」(高木顕統専務)との考えから、「県外から訪れた人が、山形で味わえるように」という思いも込められている。

山田錦を50%まで磨き上げ、特別に醸造した純米吟醸生貯蔵酒。初年度は、県酒類卸が販売した今年7月の生酒限定醸造頒布会(3銘柄セット)用に計 6000本、蔵元扱いを含め村山市や尾花沢市、大石田町を中心とした取引酒店向けに計1万5000本を生産した。希望小売価格は1本750円(税別)

(後略)
http://www.yamagata-np.jp/news/201009/03/kj_2010090300033.php