TS3R0393 (1)


マツコの番組でカップ麺がとりあげられていた。

見ていたらなんか久しぶりにカップ麺を食べたいなあとちらっと思ったり。

でも具体的になんのカップ麺を食べたいかがなかなかが浮かばない。

そして浮かぶのはただひとつ、東洋水産のやきそば弁当。


これはたま~に無性に食べたくなる。

麺は固めで食べるのが好き。

お湯を入れて1分ぐらいで十分。

麺がふにゃふにゃ柔らかくなる前にさくさくずるずる食べるのが好き。

もちろんスープをがぶがぶ飲みながら。


ああ、思い出したら食べたくなってきた。

残念ながら我が家にやきそば弁当の在庫は無かったのであった。

はらへった(笑)




1975年(昭和50年)「やきそば弁当」発売開始[2][3]。北海道は、従来から東洋水産のインスタント製品のシェアが高い地域であり、東洋水産の「やきそば弁当」が北海道のカップ焼きそばのトップブランドとして定着している。その高い人気から充実した様々な商品展開を行っている。

北海道では「やきそば弁当」を展開している関係で、「昔ながらのソース焼そば」が販売されていなかった時期もあったが、2007年(平成19年)2月以降、東北、信越地方と共に販売が再開された。

北海道内の空港やJR北海道の駅などの売店では、お土産品として「リボンナポリン」、「コアップガラナ」、「サッポロクラシック」などと共に販売されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/やきそば弁当